2006年 11月 03日

夕陽

鎌倉・七里ヶ浜。
b0038722_20282432.jpg
色あせた 校舎に 別れを告げる 鎌倉の陽よ サヨナラ               「夕陽に別れを告げて」Southern All Stars
[PR]

by japanets1127 | 2006-11-03 20:32 | 湘南・鎌倉・三浦半島 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://japanets11.exblog.jp/tb/5978436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rin6174 at 2006-11-04 16:11
サヨナラの色って夕陽の色だと思います

明るい太陽の輝きの名残が残る色
暗く幕を閉じる夜の帳の前の色
今日に、今日までのことに、サヨナラ  ・・・だなぁ

秋は夜が長いから感傷的になりますワ
Commented by nachiochan at 2006-11-04 22:55
み~んなで海で一緒にこんな風に過ごすのは、社会人になってからは、難しい感じがします。大人になってもこんな風に過ごせるのなら、楽しいですよね。
友達とわいわい騒ぎたくなりました。今はいろんな意味で家で騒いでいますが。問題ありますかね?
Commented by aghome at 2006-11-05 11:46
まさに青い春ですね。
これだけ仲間が揃うとなんでも出来てしまいそうになります。
海に夕日に、仲間達。サザンの歌が聞こえてきます。
Commented by japanets1127 at 2006-11-06 21:14
>rin6174さん

最近、暗くなるのが本当に早くなりましたね。
この季節は意味もなく感傷的になりますね。
気付いたら、ため息をついていることが多いような気がします・・・。
Commented by japanets1127 at 2006-11-06 21:19
>nachiochanさん

問題ないと思いますよ。笑
先日、海の公園でバーベキューをしたのですが、大勢で
外で何かをするというのは大人になってからでも楽しいもの
だなあと思いました。若干酒の力を借りましたが・・・。
Commented by japanets1127 at 2006-11-06 21:43
>aghomeさん

本当にそうですね。「青春」というと、
「青春という言葉も、その言葉が意味する時期も、ただひたすら憎む
べきものである。その時期には必ず、自分とは相容れないものが目の
前に現れる。それまでは想像の範囲でしかなかった社会が具体的
な現実として姿を見せる・・・。わたしはひどい無力感を味わった
が、自分が無能だとは思わなかった。自分を無能だと思うことは、
楽だ。何もできない自分を自分で許してしまうと、そのあとは奴隷
として楽に生きられる」ということを村上龍が書いていましたが、
確かにそうだなあと以前思ったことがあります。
Commented by gazi1230 at 2006-11-07 22:01
こんばんは。写真、どれも素敵ですね。
いつもカメラを持ち歩いているんですか?
それとも「今日は撮ろう」と思って、撮影しに行くのでしょうか?
素敵な一瞬を撮られているので、聞いてみたくなりました★
Commented by w-piglet at 2006-11-09 17:54
こんばんは!
みんなどんな事を語りながら歩いているのでしょうね♪
なんだかちょっと青春を感じてうらやましく思えますね!
Commented by japanets1127 at 2006-11-09 19:16
>gazi1230さん

こんばんは。
コンパクトデジカメしか持っていないのですが、
鞄の中に入れっぱなしにしてます。どこかに行ったついでに
撮ることが多いです。最近は、写真、ほとんど撮れていません・・・。
Commented by japanets1127 at 2006-11-09 19:23
>w-pigletさん

こんばんは。
サッカーの練習のようなことをしていました。
自分よりも若いであろう人達の集団を見ると、何だか
過ぎ去ってしまった若かりし頃を思い出し、意味もなく
遠い目をしているときがあります。なので、できるだけ
高校生くらいの若い人達には近づかないようにしてます。笑


<< 花やしき      二人 >>